しわ取り化粧品の選び方&ランキング※しわに良い成分を徹底分析

鏡を見るたびに増えていく顔のしわ。目元、口元、首や額。一気に老けて見えるので「どうにかしたい!」と切に思うアラサー・アラフォー・アラフィフ女性は多いはず!

そんな貴方に質問。しわを改善するためには、どのような成分が効果的なのかはご存知ですか?正しいケアを知ることで一刻も早くシワの悩みから開放されましょう!

こちらのサイトでは、しわ取り化粧品の選び方や、しわに効果的な成分についてご紹介します!

→しわに効く!と人気の化粧品を先にチェックする!

この記事でこんなことがわかります

  • 浅いしわから深いしわまで、しわの種類
  • しわ改善に効果的な成分。
  • 「しわに効果的!」と人気の化粧品をご紹介

しわの種類は人それぞれ!浅いしわ(小じわ)・深いしわ(真皮じわ)の違いは?

目元・口元の細かいパーツに浅くて複数のしわができる人や、ほうれい線がくっきり目立つ人など、しわの種類はたくさん!ここでは、しわの種類やできる原因・特徴をまとめました。

浅いしわ(小じわ・ちりめんじわ・表皮じわ)

目元・口元など、皮膚が薄く浅い部分に細かくできるしわです。
皮膚の中でも表皮に刻まれるタイプで、乾燥や毎日のスキンケアによる保湿対策不足が原因で目立つようになります。
水分が足りなくなった土の表面に、ヒビ割れが入る図をイメージするとわかりやすいと思います。

これと同じように、肌の表面が乾燥してひび割れたのが小じわです。
これはエイジングサインではなく、10代や20代でもみられる症状でもあります。

深いしわ(真皮じわ)

小じわのように浅くて細かいしわと違い、くっきりと線が入ったしわです。
いわゆる、ほうれい線のことです。
表情筋の低下や加齢によって肌にハリがなくなり、頬全体のたるみが原因で目立つようにます。
特に、コラーゲン・エラスチンの生成量が減り始める、30~40代ごろを中心に出やすいことが特徴です。
さらに紫外線の影響を受けると症状が加速するので、UVケアにも気をつける必要がありますよ。

表情じわ

表情を作ったときにできるしわが元に戻らず、顔に残るしわです。
笑ったときに目尻にできるしわや、困った顔をしたときに眉間にできるしわのことを言います。
加齢によって保湿力が低下し、くせがついてしまうことが原因で目立ちます。
同じような表情を何度もすると、だんだん肌の上に形状記憶してしまうので、表情を作っていないときでも目立つようになります。早い人は20代後半から症状が出ることも!

シワが濃くなる原因は?年齢とシワの深さは比例しない!?

そもそも、どうしてシワができてしまうのか?シワができる原因は大きく分けて3つです。

加齢

まず1つ目は、加齢によるもの。
加齢により、肌の弾力低下や女性ホルモンの低下が原因となりシワが生まれます。

乾燥

次に2つ目は、乾燥によるもの
肌の水分保持力の低下、気温や湿度の低下による乾燥が原因となるものです。

紫外線

最後に3つ目は、紫外線によるもの。
真皮や表皮への紫外線ダメージにより引き起こされる肌の弾力低下によりシワになってしまいます。

はじめに、シワが生じる主な原因として「乾燥」が挙げられ、徐々に「加齢」「紫外線」によりシワが深くなってしまうのです。

シワが深くなる理由として「加齢」によるダメージは確かに挙げられます。
しかし、一部の理由であり必ずしも加齢とともに比例してシワが深くなってしまうというわけではありません。
年齢とシワの深さは関係がないのです。

「加齢によってシワが生じるのは当たり前だ」と諦めるよりも、原因をしっかり理解してスキンケア対策することでシワのお悩みを解決することは十分可能です!

シワに効く成分は?

では、シワに効く成分はどのようなものなのでしょうか?
今回は、シワに効く代表的な成分を5つご紹介します。

シワに効く成分①:フラーレン

まず1つ目は、フラーレン

フラーレンとは、顔のシワになる原因といわれている「活性酸素」を除去する効果がある成分です。

抗酸化作用が高く、シワだけでなくしみやたるみなどの肌老化全般に効果的です。シワ対策をスキンケアで行うにあたり、フラーレンが配合されているものを選ぶことをおすすめします。

シワに効く成分②:ビタミンC誘導体

次に2つ目は、ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCが肌へ吸収しやすくなるようにサポートする効果がある成分です。
ビタミンCを吸収することで、肌へハリやうるおいを与えることができるためシワを目立たなくすることが可能です。

シワに効く成分③:レチノール

3つ目は、レチノール

レチノールとは、ビタミンAの一種でビタミンA誘導体ともいわれます。
肌のうるおいを保つコラーゲンやヒアルロン酸の生成を助ける効果が見込めます。

こちらの成分も、肌の保湿効果が高いため、シワの原因となる乾燥へアプローチします。

シワに効く成分④:ペプチド

4つ目は、ペプチド

ペプチドとは、アミノ酸が2つ以上結合した成分です。
ペプチドの中でも「ヒトオリゴペプチド-1」は、肌の新陳代謝を促すためエイジングケアに最適です。

シワに効く成分⑤:セラミド

最後に5つ目は、セラミド

セラミドとは、水分や油分をしっかりと抱え込み、肌のうるおいを保ってくれる効果がある成分です。
肌の水分保持力を高めることができるため、肌の乾燥を解消してくれます。

トライアルセットで気軽にお試し可能!おすすめのしわ取り化粧品ランキング

しわに効果的な成分を知っていただいたので、次はオススメのしわ取り化粧品を1位から10位までご紹介します!スキンケア一式を見直すことができるよう、まずはトライアルキットから試してみてはいかがでしょうか?

「小じわ改善・ハリアップ」推しのトライアルセットを集めてみました!

ほうれい線に絶大なる人気!アヤナス

アヤナス

評価:

初回価格1,480円/約10日分

アヤナスはベストコスメ5冠XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
⇒レビュー&口コミ⇒公式サイト

アヤナスに続いて人気ナンバー2!医師監修のビーグレン

ビーグレン



評価:

初回価格1,800円/約7日分

ビーグレンは、薬学博士が開発したサイエンスコスメ。たるみをグッと引き上げてしわの改善に働きかけます。
⇒レビュー&口コミ⇒公式サイト

30代のシワ改善とシワ予防には!オルビスユー

オルビスユー

初回価格1,480円/約10日分

オルビスユーは、30代のしわ予備軍に人気のある商品。
⇒レビュー&口コミ⇒公式サイト

しわに効くオールインワン化粧品ランキング【ジェルで時短美容】

10秒でピーン!

フィトリフト

評価:

初回価格1,480円/約10日分

1,980円で試せていつでも解約が可能なフィトリフト。
たった10秒でピーン!というとおりリフトアップしたい人におすすめのオールインワンジェルです。
フィトリフトの場合はこのジェルだけで肌ケアが完了するので普通の化粧品を使う時間も惜しい人におすすめです。
⇒レビュー&口コミ⇒公式サイト

シワを取る為のひと手間!ただ塗るだけでは意味がない!!

シワに効果的な化粧品を選ぶことができたら、スキンケアの方法も見直してみましょう!

では、より効果が見込めるようなスキンケアを行うにはどうすればいいのでしょうか。

ポイントは、刺激をとにかく最小限にすることです。

化粧水や美容液を塗る際に、とにかく浸透してほしいとしっかりこするように塗っている方も少なくないでしょう。
肌は、こすったり強く叩いたり刺激を与えられるとすぐに傷んでしまいます。
化粧品を肌に塗るときは徹底して優しく肌に触れるか触れないかの距離感でゆっくりスキンケアしてあげることが大切です。

そして、肌に必要な成分を入れることができたら最後に油分でフタをしてあげることも大切です。

年齢で求める成分は違う!?年齢別おすすめの成分とは?

年代別おすすめの成分

ここまで、しわに効果的な成分についてご紹介しました。

実は、化粧品を選ぶときにはそれだけを参考に選ぶのでは不十分なのです。
年代によって、しわの改善に求める成分が異なります。

年齢別におすすめの成分をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

20代にとくにおすすめの成分

20代

20代にとくにおすすめの成分は、「セラミド」です。

20代は、まだしわができていない方も少なくないでしょう。
20代の頃から、しわの原因となる乾燥を解消しておく必要があります。

セラミドが含まれた化粧品によって、肌の水分保持力を高めうるおいのある肌へ導いてくれますよ。

30代にとくにおすすめの成分

30代

30代にとくにおすすめの成分は、「AHA」です。

AHAとは、肌の表面の古い角質を除去し、新陳代謝を促進する働きがある成分です。

乾燥しがちで、かつ古い角質をこまめに除去することで、30代以降しわに悩まなくて済むようになるでしょう。

40代にとくにおすすめの成分

40代

40代にとくにおすすめの成分は、「フラーレン」です。
フラーレンは抗酸化作用があるため、肌のエイジングケアを助けます。

次々と生成されてしまう活性酸素を除去する効果があります。

首元で歳が出る!?今すぐできる首のケア!

顔を見て“若々しいなぁ”と感心する女優さんや、美魔女さんでも他のパーツを見てがっかりしてしまうことってありますよね。
しかし同じ女性なら、ちょっとホッとするところもあったりします。

“やっぱりどんなに美しい女性も、シワはあるんだ”と。

たとえば手の甲や首元は、年齢が隠しにくい部分だと言われています。
特に首元は顔の近くにあるので、目に入りやすいですよね。

シワ3

そんな首元のシワは横に入る形が多いです。それは首という可動部位ならではの特徴ですが、人間の首の様々な動きの中で特に前へ倒す動きが多いことに原因があるようです。

何度も繰り返し、長時間首を前に倒す動きによって、首の前の皮膚にクセが付いてしまうのです。
首元のシワに悩む人はいても、うなじに同じようにシワがあるという人はいないでしょう。本を読んだり、机で物書きをしたり、キッチンでお皿を洗ったり、首は前へ倒すことが多いのです。

首のシワは女性特有でもないし、若いうちからありますが、歳を取ることによって皮膚自体のだぶつきやたるみ、シワがより深くなってしまうのが年齢を重ねた証拠のように思われてしまうのでしょう。

首という大切な器官が張り巡っている部位なので、美容整形などもしずらいでしょう。
若いうちから、顔のケアと同様に首元にも気を使っておくことが大切です。
紫外線を浴びやすい首元には日焼け止めや美白ケアが欠かせないし、顎をグッと持ち上げて首のシワを伸ばすストレッチも必要ですよ!

シワ2

猫背で下を向く姿勢を正すことも、そして、就寝時間にも注意が必要です。

枕が高すぎると寝ているうちに顎が下がってしまい、首にシワが寄ってしまいます。

毎日5~6時間の就寝時間中ずっとこれでは、いくら日中のケアを頑張ってもこれではいけません。顔のケアばかりに気を取られず、首元のシワにも注意をして若々しさを目指しましょう。