首元には歳が出る!?

 

シワ1
顔を見て“若々しいなぁ”と感心する女優さんや、美魔女さんでも他のパーツを見てがっかりしてしまうことってありますよね。しかし同じ女性なら、ちょっとホッとするところもあったりします。

“やっぱりどんなに美しい女性も、シワはあるんだ”と。

 

たとえば手の甲や首元は、年齢が隠しにくい部分だと言います。特に首元は顔の近くにあるので、目に入りやすいです。首元のシワは横に入る形が多いです。それは首という可動部位ならではの特徴ですが、人間の首の様々な動きの中で特に前へ倒す動きが多いことに原因があるようです。

 

何度も繰り返し、長時間首を前に倒す動きによって、首の前の皮膚にクセが付いてしまうのです。首元のシワに悩む人はいても、うなじに同じようにシワがあるという人はいないでしょう。本を読んだり、机で物書きをしたり、キッチンでお皿を洗ったり、人の首は前へ倒すことが多いのです。
シワ3

首のシワは女性特有でもないし、若いうちからありますが、歳を取ることによって皮膚自体のだぶつきやたるみ、シワがより深くなってしまうのが年齢を重ねた証拠のように思われてしまうのでしょう。

 

首という大切な器官が張り巡っている部位なので、美容整形などもしずらいでしょう。若いうちから、顔のケアと同様に首元にも気を使っておくことが大切です。紫外線を浴びやすい首元には日焼け止めや美白ケアが欠かせないし、顎をグッと持ち上げて首のシワを伸ばすストレッチも必要です。

 

猫背で下を向く姿勢を正すことも、そして、就寝時間にも注意が必要です。

枕が高すぎると寝ているうちに顎が下がってしまい、首にシワが寄ってしまいます。毎日5〜6時間の就寝時間中ずっとこれでは、いくら日中のケアを頑張ってもこれではいけません。顔のケアばかりに気を取られず、首元のシワにも注意をして若々しさを目指しましょう。
シワ2

 

顔のしわが気になるので夏でも保湿に心がけています

 

体のシワは、年と共にいろいろなところにできてきます。
そしてその中でも、最も気になるのは、顔のしわです。

顔は、シワがある事でとても老けて見えてしまいます。

女性であると、少しでも若く見られたいですね。
そのため、印象をぐっと良くすることが出来るように、気をつけています。
シワ4
その一つに、顔にたっぷりと保湿を心がけることにしています。
以前は、そんな事を思っていませんでした。
若い時は、シワのことなんて、全く心配なかったからです。

 

しかし、シワが目立って来るたびに、なんとかしたいという気持ちが高まるようになっています。

そして、一番大事なこととして保湿が必要と思っているのです。

 

その保湿は、洗顔の時から始まります。
顔の汚れを落とす時、その後の乾燥が著しいのです。
その事を知っているので、洗顔にも気をつけることにしました。
その洗顔は、洗ったあとにたっぷりと潤うことが出来るものにしています。
以前は、洗顔をしたあとに直ぐに化粧水をつけることにしていました。
しかし、それでは乾燥してしまうのです。

そのため、やっぱり洗顔を行う洗顔石鹸から見直すことにしたのです。
すると、洗顔をした後でも、心配することなく過ごすことができています。

シワ5
また、日頃の手入れについても、保湿を行うことにしています。
その時、少し気になることがありますね。
それは、保湿を気にすると、べとつくものがあると言うことです。
それは、とても困ってしまいます。
そのため、ベトつきが少ない、つけたあとにさらっと感じることができて、保湿力の高い化粧水等を使っています。
使い心地というのは、とても大事ですね。
べとつくのは、やっぱり嫌なのです。
さらっとしている化粧水等がいいですね。
シワ6
そしてまた、仕事をしている時に、部屋が乾燥していると感じることもあります。
そんな時には、スプレーをすることが出来る化粧水を使っています。
それは本当に便利です。

 

機能性表示食品で対策も

しみ・そばかすの「緩和」から、しみ・そばかすを「治す」医薬品に進化を遂げたそうです。

 

キミエホワイトプラスのようなサイトに記載されてる通り、今や機能性表示の医薬品サプリも登場しています。

 

医薬品なので安全で効果も服用すればでてくるようですね!びっくり!!