しわ取り化粧品の選び方&ランキング※しわに良い成分と悪い成分を徹底分析

しわ取り化粧品成分を徹底分析

 

あなたは、顔にできてしまったしわについてお悩みではありませんか?
そんなしわを改善しようと、しわ用の化粧品を検討している方も少なくないでしょう。

 

しかし、しわを改善するためにはどのような成分が必要なのかを理解しておく必要があります。
そうしなければ、しわに効果的な成分や対策方法がちゃんとわからないまま間違った対策をしてしまうからです。

 

今回は、しわ取り化粧品の選び方やしわに効果的な成分についてご紹介します。

 

 

しわ取り化粧品選びのコツとは?成分をしっかりみて選ぶべし!

では、しわ取り化粧品を選ぶコツとは一体どのようなものなのでしょうか?

 

ポイントは、しわに効果的な成分がしっかり含まれているかどうかをチェックすることです。

 

しわ取りに効く成分とは?

しわ取りに効果的な成分

 

しわ取りに効果的な成分とはなんでしょう。
効果的な成分を3つご紹介します。

レチノール

まず1つ目は、レチノール。
レチノールとは、ビタミンAの一種です。
肌の保湿力が高く、さらにコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促します。

フラーレン

次に2つ目は、フラーレン。
肌の老化原因となる活性酸素を除去する働きがあります。

 

深いしわなどは、活性酸素による老化から引き起こされるもの。
フラーレンを取り入れることで、肌の老化を引き止めます。

ビタミンC誘導体

最後に3つ目は、ビタミンC誘導体。
肌になかなか吸収されないビタミンCを浸透しやすくするための成分です。

 

肌のうるおいやハリを保つ働きをするコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促します。
小じわを目立たなくする効果が見込めます。

 

しわ取りには効くけど肌へは悪影響になる成分はある?

 

しわ取りに効果的とは言っても、肌に悪影響を与えてしまうようなものではスキンケアを頑張る意味がありません。
しわ取りに効果的だけれど、肌に悪い成分についても知っておきましょう。

 

今回は2つの成分をご紹介します。

 

石油系界面活性剤

まず1つ目は、石油系界面活性剤。
この成分が含まれた化粧品を肌に塗ると、即効性が高くすぐに肌のハリが戻ったような気がします。
しかし、この即効性は肌へ刺激を与えてしまうものなのです

 

界面活性剤によって、肌本来のバリア機能が失われてしまいます。
結果、ダメージを受けやすい肌にしてしまうため、この成分が入っている化粧品はおすすめしません。

 

パラペン

次に2つ目は、パラペン。
パラペンとは、防腐剤のことです。

 

パラペンが含まれていることにより、ある程度は安心して使えるとされています。
しかし、このパラペンが原因で皮膚が炎症を起こしてしまう方も少なくありません。
パラペンが含まれた化粧品もおすすめしませんね。

 

年齢で求める成分は違う!?年齢別おすすめの成分とは?

年代別おすすめの成分

 

ここまで、しわに効果的な成分・刺激的な成分についてご紹介しました。

 

実は、化粧品を選ぶときにはそれだけを参考に選ぶのでは不十分なのです。
年代によって、しわの改善に求める成分が異なります。

 

年齢別におすすめの成分をご紹介します。
ぜひこちらの成分も一緒に参考にしてみてくださいね。

 

20代におすすめの成分

20代

20代におすすめの成分は、「セラミド」です。

 

20代は、まだしわができていない方も少なくないでしょう。
20代の頃から、しわの原因となる乾燥を解消しておく必要があります。

 

セラミドが含まれた化粧品によって、肌の水分保持力を高めうるおいのある肌へ導いてくれますよ。

 

30代におすすめの成分

30代

30代におすすめの成分は、「AHA」です。

 

AHAとは、肌の表面の古い角質を除去し、新陳代謝を促進する働きがある成分です。

 

乾燥しがちで、かつ古い角質をこまめに除去することで、30代以降しわに悩まなくて済むようになるでしょう。

 

40代におすすめの成分

40代

40代におすすめの成分は、「フラーレン」です。
フラーレンは抗酸化作用があるため、肌のエイジングケアを助けます。

 

次々と生成されてしまう活性酸素を除去する効果があります。


トライアルセットで気軽にお試し可能☆おすすめのしわ取り化粧品ランキング

では、最後にしわに効果的な成分が配合されているオススメのしわ取り化粧品を1位から10位までご紹介します。全てトライアルセットで、普段購入する化粧品よりもお安くお買い求めいただけます。なかなか手を出せないと思っている化粧品も、まずはトライアルキットで試してみてはいかがでしょうか。

 

アスタリフト

アスタリフト

うるおいやハリが不足していると感じている20代以降の方におすすめなトライアルキット。
肌のバリア機能を高め、角質をきれいに保つことができる「セラミド」が豊富に含まれています。

 

ベーシックトライアルキットは5日間たっぷりお試しできて、1000円です。

 

 

 

アンプルール

アンプルール

7日間お試しできて、2100円。

 

アミノ酸を豊富に含まれる「ライス発酵液」によって、肌の乾燥や小じわなどに効果的です。
保湿力が高く、エイジングケアを続けていきたい30代の方におすすめ。


 

 

アヤナス

アヤナス

敏感肌かつ、30代以降の方におすすめしたいアヤナス。

 

肌のバリア機能低下に効果的な「ストレスバリアコンプレックスR」により、ストレスに負けない肌作りを助けます。
10日間お試しできるるトライアルキットは1480円。

 

 

米肌

米肌

米肌は、保湿力が高い化粧品ラインです。
とにかく肌の乾燥が気になる方や?がカサつくけれどTゾーンはテカってしまう方におすすめです。

 

保湿力を求めている20代以上の方におすすめなトライアルキット。
14日間お試しできる潤い体感セットは1500円。

 

 


 

 


オラクル

オラクル

オラクルのアイフォーミュラという目元用美容液がおすすめですね。
目元の小じわやたるみが気になる30代以降の方に使っていただきたいです。

 

「アイブライトエキス」によって、肌にハリとうるおいを与えることが可能です。
1週間お試しできるトライアルキットは、1600円で購入できます。

 

 

 

ビーグレン

ビーグレン

すでにしわに悩まされている40代の方向けのトライアルキットです。
しわが深く刻まれてしまう前にしわ対策をしたい方におすすめです。

 

特に、QuSomeローションは不足しがちな肌の水分をとどめておくことができる機能を働きます。
ダメージを受けた角質にうるおいを与えます。
ビーグレンのトライアルキットは1944円で。

 

 

 

 

ラメラ

ラメラ

ラメラのエッセンスCトライアルセットは小じわや乾燥が気になる方に是非使っていただきたいキットです。

 

保水性の高い「フェース生コラーゲン」が含まれているため、うしなわれがちな肌内部の水分を保つことができます。

 

トライアルキットでは、1.5日分1000円でお試しできます。

 

 

 


ライスフォース

ライスフォース

お米由来の「ライスパワー」と呼ばれる成分が、肌の角層へと浸透。
普段乾燥しやすい方や、紫外線によるダメージを改善したい方におすすめしたいトライアルキットです。
肌を保湿したい20代以降の方すべてに使っていただきたいですね。

 

ライスフォースのトライアルキットは、化粧水・美容液・クリームが入っています。
900円で10日間お試しできます。

 

 

 

 

オルビスユー

オルビスユー

HSP配合のため、失われてしまった肌のハリやくすみにアプローチ。
もちろん乾燥肌でお困りの方にも役立つ保湿力の高い製品ですよ。

 

30代以降の、肌のハリのなさや乾燥が気になる方におすすめです。
オルビスユーのトライアルキットは約1週間分で1296円です。

 

 


 

ヴィアローム

ヴィアローム

今まで使っていたエイジングケア製品では満足いただけなかった方にお試しいただきたいトライアルキットです。

 

ダマスクローズ・サンダルウッドなど7種のエッセンシャルオイルを配合しているため、しわやほうれい線が気になる40代の方におすすめです。

 

ヴィアロームのトライアルキットは5日分で2700円です。

 


効果的な成分が含まれた化粧品を上手に選ぼう

今回は、しわ取り化粧品の選び方についてご紹介しました。

 

口コミや評判、どこのメーカーから出ているものなのかについては、気にする方も少なくありません。
さらに、化粧品を検討するときに成分について視点を広く持ってみると、より効果的な化粧品を選ぶことができますよ。

 

ぜひ、今回ご紹介した選び方のコツを試してみてくださいね。

 

 

 

 

しわに効く化粧品は保湿が命!!プチプラで買えるおすすめ化粧水ベスト5

深〜いシワに効くおすすめの化粧品ベスト3※シワを取る為にできること

 

あなたは、年々深くなったシワにお悩みではありませんか?
どれだけスキンケアを頑張っても、一向に良くなる気配がない深いシワ。

 

実は、シワに対して本当に効果のあるスキンケアを使っていないだけかもしれません。
今回は、シワの原因とともに深いシワに効くおすすめの化粧品ベスト3をご紹介します。

 

シワが濃くなる原因は?年齢とシワの深さは比例しない!?

そもそも、どうしてシワができてしまうのか知っていますか?
シワの原因は大きく分けて3つです。

 

加齢

まず1つ目は、加齢によるもの。
加齢により、肌の弾力低下や女性ホルモンの低下が原因となりシワが生まれます。

乾燥

次に2つ目は、乾燥によるもの
肌の水分保持力の低下、気温や湿度の低下による乾燥が原因となるものです。

紫外線

最後に3つ目は、紫外線によるもの。
真皮や表皮への紫外線ダメージにより引き起こされる肌の弾力低下によりシワになってしまいます。

 

はじめに、シワが生じる主な原因として「乾燥」が挙げられ、徐々に「加齢」「紫外線」によりシワが深くなってしまうのです。

 

シワが深くなる理由として「加齢」によるダメージは確かに挙げられます。
しかし、一部の理由であり必ずしも加齢とともに比例してシワが深くなってしまうというわけではありません。
年齢とシワの深さは関係がないのです。

 

「加齢によってシワが生じるのは当たり前だ」と諦めるよりも、原因をしっかり理解してスキンケア対策することでシワのお悩みを解決することは十分可能ですよ。

深いシワに効く成分は?

深いシワに効果的な成分

 

では、深いシワに効く成分はどのようなものなのでしょうか?
今回は、深いシワに効く成分を5つご紹介します。

 

深いシワに効く成分@:フラーレン

まず1つ目は、フラーレン

 

フラーレンとは、顔のシワになる原因といわれている「活性酸素」を除去する効果がある成分です。

 

抗酸化作用が高く、シワだけでなくしみやたるみなどの肌老化全般に効果的です。シワ対策をスキンケアで行うにあたり、フラーレンが配合されているものを選ぶことをおすすめします。

 

深いシワに効く成分A:ビタミンC誘導体

次に2つ目は、ビタミンC誘導体

 

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCが肌へ吸収しやすくなるようにサポートする効果がある成分です。
ビタミンCを吸収することで、肌へハリやうるおいを与えることができるためシワを目立たなくすることが可能です。

 

深いシワに効く成分B:レチノール

3つ目は、レチノール

 

レチノールとは、ビタミンAの一種でビタミンA誘導体ともいわれます。
肌のうるおいを保つコラーゲンやヒアルロン酸の生成を助ける効果が見込めます。

 

こちらの成分も、肌の保湿効果が高いため、シワの原因となる乾燥へアプローチします。

 

深いシワに効く成分C:ペプチド

4つ目は、ペプチド

 

ペプチドとは、アミノ酸が2つ以上結合した成分です。
ペプチドの中でも「ヒトオリゴペプチド-1」は、肌の新陳代謝を促すためエイジングケアに最適です。

 

深いシワに効く成分D:セラミド

最後に5つ目は、セラミド

 

セラミドとは、水分や油分をしっかりと抱え込み、肌のうるおいを保ってくれる効果がある成分です。
肌の水分保持力を高めることができるため、肌の乾燥を解消してくれます。

 

深いシワを取る化粧品の選び方※最近のトライアルセットは内容量が多い!

深いシワを取る化粧品の選び方

 

深いシワに効果的な成分がどんなものか、お分かりいただけたでしょうか?
では、実際にスキンケア対策をするときに、より効果的な化粧品を選ぶコツは一体なんでしょうか。コツを2つご紹介しますね。

 

深いシワに効く成分が配合されているか

まず1つ目は、深いシワに効果的な成分が含まれている化粧品を選ぶこと。

 

当たり前だと思われるかもしれません。
しかし、案外口コミやランキングなどの高い評価のみを見て安心し、実際どんな成分が配合されているのか確認しない方がほとんどです。
先ほどご紹介した、シワに効く成分が含まれているかどうかをチェックしておきましょう。

 

費用対効果が優れているもの

次に2つ目は、費用対効果がいいものを選ぶこと。

 

今、ご自身が購入できる金額感のものを選ぶのはごく自然なことでしょう。
しかし、それと同時にしっかり満足できるくらい使い切れるかということも考えてみてください。

 

例えば、シワに効くからと少々金額が高めのものを選んだ場合を想定してみましょう。
コストはかかるけど、本当にいい成分だからと選んだ化粧品もかなり少ない量だった場合どうでしょうか。
実際に効果を得るまで使うことができないかもしれません。

 

以上の2つより、「シワに効果的な成分」かつ「効果を実感できるほどたっぷり使える」ものを選ぶことがコツです。

 

とは言っても、いきなり効果がわからない状態でコストの高い正規品を購入することは気がひけるという方も少なくないでしょう。
そんな方には、トライアルセットから始めることをおすすめします。

 

最近のトライアルセットは成分はもちろん、量もたっぷり入ったものが多いのです。
気になる化粧品があれば、まずはトライアルセットからスキンケアに取り入れてみてもいいかもしれませんね。

 

深いシワを取る為のひと手間!ただ塗るだけでは意味がない!!

 

深いシワに効果的な化粧品を選ぶことができたら、実際にスキンケアに注力しましょう。

 

しかし、シワに効きそうな化粧品を手に入れられただけで満足してはいけません。
スキンケアは、ただ化粧品を肌に塗るだけではあまり効果を実感することができないのです。

 

では、より効果が見込めるようなスキンケアを行うにはどうすればいいのでしょうか。

 

ポイントは、刺激をとにかく最小限にすることです。

 

化粧水や美容液を塗る際に、とにかく浸透してほしいとしっかりこするように塗っている方も少なくないでしょう。
肌は、こすったり強く叩いたり刺激を与えられるとすぐに傷んでしまいます。
化粧品を肌に塗るときは徹底して優しく肌に触れるか触れないかの距離感でゆっくりスキンケアしてあげることが大切です。

 

そして、肌に必要な成分を入れることができたら最後に油分でフタをしてあげることも大切です。
なぜなら、せっかく肌に入れてあげた成分が蒸発し成分は吸収されず、さらには肌が一層乾燥してしまうからです。

 

そういった事態を引き起こさないように、スキンケアの最後には乳液やクリーム、オイルなどでしっかりと成分を閉じ込めましょう。

 

深〜いシワに効くおすすめ化粧品ベスト3

最後に、深いシワにより効果的なおすすめの化粧品ベスト3をご紹介します。

 

アヤナス

アヤナス

まず第1位は、アヤナス。
エイジングケアに効果的である「ビルベリー葉エキス」により、加齢が原因となったシワへアプローチしてくれます。

 

シワだけでなく、黄ぐすみやたるみなどが気になっている方にも効果的です。
敏感肌の方にも安心してお使いいただける商品です。

 

 

アスタリフト

アスタリスク

次におすすめするのは、アスタリフト。
富士フイルムが独自開発したナノ化した成分により、肌の角層にまでうるおいを与えます。
アスタリフトのトライアルキットでは、美白化粧水・美白美容液・美白クリーム・UVクリア美容液兼化粧下地の全4点のアイテムが使えます。
たっぷりアイテムを使っても、5日間お試しできますよ。

 

 

 

ビーグレン

ビーグレン

最後にご紹介するのは、ビーグレンです。ビーグレンのトライアルキットでは、シワの解決といっても「目元ケア」「乾燥・保湿ケア」「エイジングケア」の3種類のタイプから選ぶことが可能です。

 

特に、自分が気になっている部位のシワに特化した効果を与えることができる点がおすすめです。

 

 

まずはシワに効果的なトライアル化粧品から始めよう

今回は、深いシワに効くおすすめの化粧品ベスト3をご紹介しました。

 

シワに効くとは言えど、少々お高いスキンケアグッズは手が出せない…なんて嘆いていたあなたも、ぜひトライアルキットから試してみてはいかがでしょうか。
いつまでも美しいあなたでいられるように、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

首元には歳が出る!?

 

 

顔を見て“若々しいなぁ”と感心する女優さんや、美魔女さんでも他のパーツを見てがっかりしてしまうことってありますよね。
しかし同じ女性なら、ちょっとホッとするところもあったりします。

 

“やっぱりどんなに美しい女性も、シワはあるんだ”と。

 

たとえば手の甲や首元は、年齢が隠しにくい部分だと言います。
特に首元は顔の近くにあるので、目に入りやすいです。

 

シワ3

首元のシワは横に入る形が多いです。
それは首という可動部位ならではの特徴ですが、人間の首の様々な動きの中で特に前へ倒す動きが多いことに原因があるようです。

 

何度も繰り返し、長時間首を前に倒す動きによって、首の前の皮膚にクセが付いてしまうのです。
首元のシワに悩む人はいても、うなじに同じようにシワがあるという人はいないでしょう。本を読んだり、机で物書きをしたり、キッチンでお皿を洗ったり、首は前へ倒すことが多いのです。

 

首のシワは女性特有でもないし、若いうちからありますが、歳を取ることによって皮膚自体のだぶつきやたるみ、シワがより深くなってしまうのが年齢を重ねた証拠のように思われてしまうのでしょう。

 

首という大切な器官が張り巡っている部位なので、美容整形などもしずらいでしょう。
若いうちから、顔のケアと同様に首元にも気を使っておくことが大切です。
紫外線を浴びやすい首元には日焼け止めや美白ケアが欠かせないし、顎をグッと持ち上げて首のシワを伸ばすストレッチも必要です。

 

シワ2

 

猫背で下を向く姿勢を正すことも、そして、就寝時間にも注意が必要です。

 

枕が高すぎると寝ているうちに顎が下がってしまい、首にシワが寄ってしまいます。

 

毎日5〜6時間の就寝時間中ずっとこれでは、いくら日中のケアを頑張ってもこれではいけません。
顔のケアばかりに気を取られず、首元のシワにも注意をして若々しさを目指しましょう。

 

顔のしわが気になるので夏でも保湿に心がけています

 

シワ4

 

体のシワは、年と共にいろいろなところにできてきます。
そしてその中でも、最も気になるのは、顔のしわです。

 

顔は、シワがある事でとても老けて見えてしまいます。
女性であると、少しでも若く見られたいですね。

 

そのため、印象をぐっと良くすることが出来るように、気をつけています。

 

その一つに、顔にたっぷりと保湿を心がけることにしています。
以前は、そんな事を思っていませんでした。

 

若い時は、シワのことなんて、全く心配なかったからです。
しかし、シワが目立って来るたびに、なんとかしたいという気持ちが高まるようになっています。

 

そして、一番大事なこととして保湿が必要と思っているのです。
その保湿は、洗顔の時から始まります。

 

顔の汚れを落とす時、その後の乾燥が著しいのです。
その事を知っているので、洗顔にも気をつけることにしました。

 

シワ5

 

その洗顔は、洗ったあとにたっぷりと潤うことが出来るものにしています。
以前は、洗顔をしたあとに直ぐに化粧水をつけることにしていました。
しかし、それでは乾燥してしまうのです。

 

そのため、やっぱり洗顔を行う洗顔石鹸から見直すことにしたのです。
すると、洗顔をした後でも、心配することなく過ごすことができています。

 

シワ6

 

また、日頃の手入れについても、保湿を行うことにしています。
その時、少し気になることがありますね。

 

それは、保湿を気にすると、べとつくものがあると言うことです。
それは、とても困ってしまいます。

 

そのため、ベトつきが少ない、つけたあとにさらっと感じることができて、保湿力の高い化粧水等を使っています。
使い心地というのは、とても大事ですね。

 

べとつくのは、やっぱり嫌なのです。
さらっとしている化粧水等がいいですね。

 

そしてまた、仕事をしている時に、部屋が乾燥していると感じることもあります。
そんな時には、スプレーをすることが出来る化粧水を使っています。
それは本当に便利です。

 

合わせて読みたい ⇒しわに効く化粧水は保湿が命!!プチプラで買えるおすすめ化粧水ベスト5