目の下のしわに効くクリーム特集※正しい塗り方とおすすめのクリーム3選

 

あなたは、目の下にできてしまったしわについて悩んでいませんか?目といえば、人と会うときに一番見られるパーツ。そんな目の下にしわができてしまったらどうしても気になってしまい、自信を持っていられませんよね。せっかく華やかなアイメイクを施しても、気分は憂鬱なまま。今回は、そうお悩みのあなたに目の下のしわに効果的なおすすめのクリームについてご紹介します。

 

加齢だけではない!!目の下のしわができる原因とは?

ところで、あなたは目の下にしわができてしまう原因を知っていますか?
なぜ、目の下にしわができてしまうのか、原因について理解していない方も少なくありません。ただ、原因をしっかりと理解しておくと、のちにしわ対策のスキンケアを行うときに的外れなスキンケアを行わないで済みますよ。

 

目の下にしわができる原因は、大きく分けて3つです。

 

乾燥や角質層の傷みが原因

まず1つ目は、乾燥や角質層の傷みによるもの。
目の下の皮膚は、他の皮膚と比べてとても薄いです。その薄い目の下の皮膚が乾燥してしまうと、肌の表面である角質が傷んでしまいます。そのまま放置してしまうと、傷んだ角質が原因で老化・しわの原因となってしまうのです。

 

乾燥や角質層の傷みが原因でできたしわは「ちりめんじわ」と呼ばれるしわです。ちりめんじわの特徴として、浅くて細かいことが挙げられます。そのようなしわができてしまっている場合、「乾燥」を解決できればしわの解消へ繋がります。

 

目の下のたるみが原因

次に2つ目は、目の下のたるみによるもの。
目の下のたるみや頬のたるみによってできたしわです。目の下のたるみの原因として、加齢による目の周りの衰えが挙げられます。眼球の下には、「眼窩脂肪」と呼ばれる脂肪が入っています。本来は、この脂肪の袋によって眼球が守られています。しかし、加齢とともに眼球を支える靭帯が下がってしまうことで、目の下のたるみに繋がってしまうのですね。

 

目の下のたるみの特徴として、目の下の皮膚が下がっていることが挙げられます。

 

肌への刺激が原因

最後に3つ目は、肌への刺激によるもの。
目をこすってしまったり、化粧品の刺激が強すぎたりしていませんか?また、乾燥も原因となりうるのです。考えられる用途が多くあるので、自分の生活で目の下を傷つけていないかもう一度思い返す必要がありますね。

 

肌への刺激が原因でできたしわは「ゴルゴ線」と呼ばれるしわである可能性が高いです。ゴルゴ線の特徴として、目頭から斜めにしわが走っていることが挙げられます。ゴルゴ線の本数が増えてしまっている場合、は早急にしわ対策を行わなければなりませんよ。

 

目の下のしわに効く成分とは?

では、目の下のしわに効果的な成分とは何でしょうか。今回は、3つご紹介します。

 

まず1つ目は、グリセリン。目の下の小じわが気になるという方は、まず「保湿」を重点的に行う必要があります。保湿力が高く、クリームとの相性がいい成分です。保湿力が高いため、肌の水分を保つ効果が見込めます。

 

次に2つ目は、レチノール(ビタミンA)
レチノールは、肌のコラーゲンを増やす効果があります。特に、深いしわで悩んでいる方は、そもそも肌自体のコラーゲンが減少しています。そのため、より積極的にコラーゲンを肌に入れ込むことが大切です。

 

最後に3つ目は、ビタミンC誘導体
ビタミンC誘導体は、コラーゲンを生成するだけでなく、抗酸化作用があります。抗酸化作用によって、肌の老化の原因となる活性酸素を除去してくれる働きをしてくれるのです。加齢によるたるみに悩んでいる方におすすめの成分です。

 

目の下のしわに効くクリームの選び方※ポイントは3つ!!

目の下のしわに効果的な成分について、お分りいただけたでしょう。次に、目の下のしわに効果的なクリームの選び方についてご紹介します。選ぶときのポイントは3点です。

 

まず1点目は、自分のしわにあった成分を選ぶこと。
先ほどご紹介したように、しわにタイプによって原因が異なります。深いしわが気になっているのに、ただ単に保湿のみを行ってもさほど良くなった実感を得られないでしょう。

  • 小じわ:まずは保湿力が高いもの
  • 深いしわ:コラーゲンを生成するもの
  • たるみ:抗酸化作用が見込めるもの

以上のように、自分のしわの原因に応じて対策を変えることが必要です。

 

次に2点目は、低刺激なクリームを選ぶこと。
目の下の皮膚は、とても薄いため刺激を受けやすい状態です。そこへ効果は高くとも刺激が強い成分を入れてしまうと、現状のしわがさらに悪化してしまうかもしれません。そのような事態を防ぐために、なるべく刺激の弱いクリームを選ぶようにしましょう。

 

最後に3点目は、伸びがいいクリームを選ぶこと。
2点目と同様に、目の下の皮膚はとても薄いです。テクスチャーが固くこっくりとしたものを塗ると、皮膚が必要以上に引っ張られてしまい刺激に繋がります。柔らかく伸びのいいテクスチャーのものを選びましょう。

 

目の下のしわに効くクリームの正しい塗り方※塗り方で効果が変わる!?

目の下のしわに効果的なクリームの塗り方についてご紹介します。ポイントは、2つです。

 

まず1つ目は、優しくこすらないこと。なるべく刺激を与えないように、優しくクリームを塗り込みましょう。効果を出したいからと、強く塗り込むようなことは避けましょうね。

 

次に2つ目は、体温で温めておくこと。こうすることで、肌の内部にまで成分を浸透させることができます。

 

塗るタイミングは、一通りのスキンケアが終わりです。ただし、顔全体に塗るクリームを塗る前にしわ対策クリームを塗っておきましょう。

 

目の下のしわに効くおすすめクリーム3選

最後に、目の下のしわに効くおすすめのクリームを3つご紹介します。

 

1位:エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム S

レチノールを配合することで、肌のうるおいを保つ効果があります。さらにヒアルロン酸を生成し、かたくなってしまった肌を柔らかくすることで、しわを改善します。

 

2位:ビバリーグレンラボラトリーズ トータルリペアアイセラム

肌の細胞を生まれ変わらせる効果があるセラミドを存分に配合。そうすることで、肌の内部にまで成分を浸透させ続けることが可能です。小じわや乾燥が気になっている方におすすめしたいクリームですね。

 

3位:セザンヌ モイスチュアリッチエッセンスアイクリーム

2種類の酵母エキスを配合することで、肌を内側からふっくらさせます。さらに、コラーゲンやアミノ酸もたっぷりと配合。特に、保湿力に優れているので、目尻の乾燥が気になっているという方はぜひ試していただきたいクリームです。

 

しわの原因を理解した上で正しい対策を行おう

今回は、目の下のしわ対策についてご紹介しました。目の下のしわ、と一言で表しても原因は個人によって異なります。改めて、自分にはどうしてしわができているのかについて考え直す必要がありますね。その上で、自分に合ったしわ対策クリームを選びスキンケアを継続することをおすすめします。目の下という細かなパーツでも、できる限り綺麗に保つことで自信を持って前を向けるように、スキンケアに励みましょう。

 

しわ取り化粧品の選び方&ランキング※しわに良い成分と悪い成分を徹底分析